女性のための漢方

生理痛:女性のための漢方薬

生理痛とは、生理期間及びその前後に起こる腹痛、
腰痛や頭痛などの痛みのことを言います。

生理痛原発性(機能性)月経困難症と続発性(器質性)月経困難症の主に2種類に分類されます。

原発性(機能性)月経困難症

原発性(機能性)月経困難症とは?

  • 思春期〜20代に多く見られる
  • 子宮の発育が未熟で、月経血がスムーズに排出されないため痛みを起こす
  • 結婚や出産に伴い、次第に改善ないし解消されます
  • 原因がわからないケースが大半

原発性(機能性)月経困難症の治療方法

  • 病院では痛みを抑えるボルタレンやロキソニンなどを処方します
  • 漢方薬ではストレスや「血」の状態(ドロドロ・不足)などから判断し、体のバランスを元に戻す処方をします

続発性(器質性)月経困難症

続発性(器質性)月経困難症とは?

  • 30代〜40代以降に多く見られる
  • 生理が来る度に痛みが伴い、そのままにすると次第に悪化する傾向があります
  • 痛みは生理前あるいは生理後にも見られ、痛みの持続期間が長いのが特徴です
  • 子宮や生殖器及びその周辺の内臓に痛みの原因となる気質的病変が存在します

続発性(器質性)月経困難症の治療方法

  • 原因となっている気質的病変の治療をします
  • 子宮筋腫ではホルモン療法や手術療法が、卵巣膿腫では手術療法が選択されます
  • 漢方薬ではストレスや「血」の状態(ドロドロ・不足)などから判断し、体のバランスを元に戻す処方をします

漢方薬では生理による痛みを伴わない状態を「本来の姿」とし、気血水の観念から、からだを元の状態に 戻すことにより生理痛を解決していきます。

健康相談・地方発送も行っておりますので
お気軽にお問合せにてご連絡下さいませ。

症例紹介

症例のご紹介

女性のための漢方薬

link更年期障害

link生理痛link

link月経不順

link不妊症

link冷え性

link貧血

linkダイエット

男性のための漢方薬

季節による漢方薬

若い人に多い症状

相談の多い症状


〒064-0917
北海道札幌市中央区
南17条西9丁目1-26

TEL:011-521-0979
FAX:011-521-0979

営業時間:
AM10:00〜PM5:00
休 日:日曜日、祝日


個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表記 リンク集 サイトマップ