TOPページ漢方とは?新薬との違い
新薬との違い

お体のバランスを考え「配合・処方」するのが漢方薬です。

病院などで処方してもらう西洋薬(新薬)は西洋医学に基づいた検査により診断された病名に対して即効性のある新薬を処方します。

つまり、頭痛の場合には頭痛の新薬を出し、熱が出た場合には解熱の新薬が出ます。

一方、漢方薬は体のバランスを崩している原因をつきとめ
「体質そのものを改善する」のが目的です。

個々の体質により生薬が組み合わされるため、同じ頭痛でもその人により処方される薬は変わってきます。どちらにも得意な点、不得意な点があります。

  漢方薬 西洋薬
得意 自覚症状が出た時点で処方できる。副作用が出ずらい。 即効性がある。
不得意 体質改善に時間がかかる病状もある。 病状がはっきり出ないと対処できない。

新薬(西洋医学)では病気を診るのに対して漢方薬では人を診るのが特徴です。
病名がハッキリと出ない自覚症状でも自分の体質に合わせて体のバランスを取り戻していくことが出来ます。

漢方とは

漢方とは?

漢方薬の種類

気血水とは?

新薬との違いlink


〒064-0917
北海道札幌市中央区
南17条西9丁目1-26

TEL:011-521-0979
FAX:011-521-0979

営業時間:
AM10:00〜PM5:00
休 日:日曜日、祝日


個人情報保護方針 特定商取引法に基づく表記 リンク集 サイトマップ